ミズナラに会いに行こう 2

 
  ミズナラに会いに行こう2〜ですが
  なんで?この運動もせず へたれな私が 
  半端無い 山ガールに参加したかと言う事で

  
  このツアーは、巨樹と会い スピリットとふれあう
  
  自然と自分の身体との繋がり感覚を取り戻すという
  (これは、後で知りました!ミステリーツアーならでわ)
  
  テーマが あったからなのです
  


   そして 今年一番 私が影響うけた本、こちらが原因でございます 
   クロニクル 千古の闇
   オオカミ族の少年 1〜6 
   
 (酒井駒子さんの表紙の絵が、イメージ膨らますのにピッタリ)

 IMG_2713.jpg


   児童書なんですが、6000年前のハリーポッター?
   内容的には、主人公のお若い二人が、森を山を海を人々を
   悪の集団を倒し救う
   なぜなら二人の親が〜原因の一部だから
   親の因果は、子に〜みたいな
  
   偉いよこの子達(おばちゃん尊敬する)
   
   なんか文才も情緒も無い意味不明説明ですが
  

   この作者の方が神話、民俗学 考古学の本を読み
   沢山の人から学び旅して 実際に体験された事で書かれた本

    私達の御先祖様の暮らしは、こうだったのではと感じます
   
    自然を敬愛し感謝し、繋がり合う
    山に暮らす者達 森に暮らす者達 海に暮らす者達
    食べるもの 着るもの 生活 しきたり 守る神も精霊も違う

    同じなのは、その土地自然と部族を愛し
    神と精霊を敬愛してること 
    
    その全てを守るために戦う二人と人々の物語
    細かい生活の描写がリアルで楽しいです

    
    なんだか、この本読んだら自分が大切な大きな何かから
    切り離されてるような寂しさを感じたのです
    
    
    だからと言って うおーと突発的に山に入る勇気も無いし
   
    
    へたれなアラフォー半女は、信頼できるプロについてくのが一番
    ナイスなタイミングでこのツアーがあったのでした
    まず第一歩 (二歩目からもあるのか私よ)
 
    IMG_2682.jpg
  
  山にて〜 自分の身体で体感するという事で素足でうろうろ 
   
    
  
   
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

mikazukiyama

Author:mikazukiyama
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR